愛知・名古屋の新築一戸建ての新築住宅,分譲住宅,デザイナーズ住宅ならアーレックス株式会社

AREX Life

“食”を通して、おうちライフをもっと楽しく

特別な日こそわが家で!
いつものテーブルをレストランのように見せるコツ。

福岡 かおり〈キッズキッチンインストラクター〉


ダブルプレートならお皿を上から順に使っていけるので便利。ナイフやフォークといったカトラリーにお箸を加えてももちろんOK。

高級感ある空間に、洗練されたテーブルクロス。カトラリーやナプキンがきちんとセットされたテーブル。記念日にはそんなレストランでお祝いできたらハッピーですよね。でも特別な日だからこそ、おうちをレストランのようにして楽しんでみてはいかがでしょうか。
くつろげるわが家をいつもと違った雰囲気に演出できたら、ご家族や大切な人にも喜んでもらえます。
そこで今回は、「おうちをレストランにするテーブルコーディネート」のコツをお伝えします。

まず準備したいのがテーブルクロス。食卓にクロスを1枚敷くだけで大きくイメージを変えることができます。迷った場合は白やベージュなどの明るい色をセレクトしましょう。
また、いつも同じテーブルクロスではコーディネートの幅が広がりません。暗めのカラーを2枚目として持っていると、変化を楽しめて良いですよ。
ノンアイロンタイプのクロスも便利ですし、手芸ショップなどで気に入ったハギレを購入する、という手もあります。

次にお皿。大小2枚を重ねるダブルプレートがおすすめです。立体感が出てフォーマルな演出ができるだけでなく、実はとても実用的。レストランでは一番下のお皿は位置皿として座る場所を示すために使われますが、家では取り皿として利用できます。上のお皿をサラダや前菜などに使い、食べ終わったら下の大皿をメインディッシュに使えるので便利。何度もお皿を準備しなくて良いのです。


こちらは紙皿と紙ナプキンを使用。紙皿でも2枚重ねることでエレガントなテーブルを演出できます。

紙皿でも大小2枚重ねることで、写真のような演出ができます。ナプキンも布製がなければ紙ナプキンで大丈夫。使い捨てできるので、いろいろ試したい人、大人数のとき、さらにはお子様が小さいときにはむしろ紙製がおすすめです。コーディネートのさし色に使ったり、季節感を演出したりする際にも役立ちますよ。


テーブルの真ん中にはお花やキャンドルを飾るとムードがアップします。
テーブルランナー代わりに、お気に入りの布や手ぬぐいを敷くという手も。

あとはカトラリーとグラスをセットすれば、おうちレストランが完成。
さらに気分を上げたいなら、真ん中にお花やキャンドルを飾ったり、テーブルランナーを敷いたりしても良いですね。お気に入りの手ぬぐいを敷くのも粋な演出です。

テーブルコーディネートで見た目だけ変えても……と思うかもしれませんが、人が受ける刺激の8割以上は視覚からだと言われています。味覚はわずか1パーセントといわれており、味以上に見た目の影響が大きいということになります。
まずはテーブルクロスを1枚敷いて、いつもの食卓を「特別な日」仕様にしてみませんか。大切な人との食事がより楽しい時間になりますように。


福岡 かおり
テーブルコーディネートを気軽に日常に取り入れることで、食卓が楽しくなり、おうちライフがいっそう充実することを提案します。
○プロフィール
キッズキッチンインストラクター。かんたんおやつマイスター。子ども主体のお料理教室やママ向けのお料理教室を開催しています。食べる・飲むことが大好きで、お料理するのも好き。「食・食卓」は家族や周りをハッピーにすると信じて食育活動をしている子育て母です。
お問い合わせ・資料請求(無料) 来場予約(無料)
サイトマップ

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wheatimpala8/www/app/webroot/life/detail.php on line 50