愛知・名古屋の新築一戸建ての新築住宅,分譲住宅,デザイナーズ住宅ならアーレックス株式会社

AREX Life

北欧ライフが見えてくる、シーズンレター。

FIKA(フィーカ)は、スウェーデン文化の一つ

ダールマン 香織〈スウェーデン・ストックホルム在住〉

好天に恵まれた日には自転車で売りに来るコーヒースタンドも

スウェーデンに住んでいると、挨拶と同じくらいよく耳にするのが「FIKA」という言葉。
フィーカと発音するのですが、日本語に訳すと「お茶をする」といった意味になります。スウェーデンは世界でもコーヒーの消費量が非常に多い国のため、お茶を飲むというよりも、どちらかというとコーヒーと甘い焼菓子を食べるような習慣となっています。

★いろいろな役割があるFIKA

職場や学校でも、午前と午後に1回ずつのFIKAタイムがあるところが多いようです。
日本人から見たら、そんなに休憩ばかりしていて大丈夫?!と思いがちですが、これも文化の一つ。スウェーデンの職場では、このFIKAによって同僚や上司との関係を深めたり、仕事に活かせるようなアイディアがひらめいたりと、単にコーヒーを飲んで休憩するというだけではない、いろいろな役割があるようです。
もちろん平日だけでなく、週末は自宅やカフェでもFIKAをする人が大勢います。
コーヒー1杯とクッキー1枚あればFIKAですし、おしゃれなカフェでケーキとカフェラテをいただくのもFIKAです。そして、友人を自宅に招いて自家製ケーキやクッキーでもてなすのも、もちろんFIKA。このように一言でFIKAといっても、さまざまなスタイルがあります。

FIKAと言えば、こんなメニューが並ぶ

★FIKAで食べるお菓子って?

どこのカフェでも、必ずと言っていいほど商品として並んでいるのがシナモンロールです。スーパーでもコンビニでも売っています。大人も子どもも大好きな焼菓子の一つです。
北欧全般で食べられているシナモンロールは、周りはカリッとしていて、中はバターたっぷりの生地でふんわり。上にはつぶつぶのパールシュガーと呼ばれる砂糖がまぶしてあるのも特徴的です。

一番左がシナモンロール

最近では、このFIKAの文化が世界でも注目されるようになってきました。ニュースやテレビ番組の制作で有名なイギリスのBBCなどでもFIKAに関して報道されていますし、アメリカではこのFIKA文化を広めようと、最近はスウェーデン風カフェなどがあるようです。

日本でも、勉強や仕事をしながらコーヒーやお茶を飲むことはよくあると思いますが、ほんの10分~15分でも、何もせずにただコーヒーやお菓子を楽しむ時間があってもいいかもしれませんね。


ダールマン 香織
ナチュラルで、おしゃれで、温かくて。そんな北欧スウェーデンの日常を切り取ってご紹介します。日本の暮らしにも活かせる素敵なヒントが見つかりそうですね。
○プロフィール
2011年よりスウェーデン人の夫とストックホルムに在住。スウェーデン語学学校や大学などに通いながら、観光に関するビジネスにも従事。2014年に生まれた女の子の母でもある。
ブログ【hoppande-kanin】
http://ameblo.jp/hoppande-kanin/
お問い合わせ・資料請求(無料) 来場予約(無料)
サイトマップ

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wheatimpala8/www/app/webroot/life/detail.php on line 50