愛知・名古屋の新築一戸建ての新築住宅,分譲住宅,デザイナーズ住宅ならアーレックス株式会社

AREX Life

野菜ソムリエ直伝。おいしくやさしいヘルシーメニュー。

人参が苦手!を克服するのは、冬がチャンス

大橋 千珠〈野菜ソムリエ〉

「にんじん、にがて。食べなーい」というシーンありませんか?
うちの長男も人参は苦手で、そのまま食べさせようとすると時間がかかっていました。しかし、今では人参そのまま、形が見えていても食べられます。

苦手な野菜、どうしたら食べることができるのでしょうか。
今回はスイーツにする方法をご紹介します。そのメリットは野菜を知らず知らずのうちに食べられた!という達成感を得られること。野菜スイーツは初めの一歩です。

チャンスは冬。人参に一番糖度がのるのはこの季節です。子どもにとって、人参が苦手な理由は青臭み、独特の甘みだそうです。しかし、冬場に出荷される人参は甘みが増し、臭みが軽減されるように思います。まさに野菜スイーツにするにはピッタリの時期です。

野菜を知らず知らずのうちに食べられようになれば次のステップ。(はじめは野菜が入っていることを内緒にしておく。食べ終わったタイミングで「実は人参が入っていたんだよ。すごいね、食べられたね!」と褒める)
調理のお手伝いをしてもらいましょう。食材を洗ったり、混ぜたり、焼いたり───。毎日するのは時間の都合など、なにかと難しいかもしれませんので、週1回お手伝いできる時間をつくってあげるのもいいかもしれませんね。
そして、次のステップ。自分で料理を考えてもらいましょう。人参と相性の良い食材、調味料はなにかを子どもと一緒に考える。味覚の記憶や風味を想像し、食べ物に興味を持てるようになるのではないでしょうか。

このステップを踏むことによって得られる効果は食材に親しむことができるということ。
わが家では食べ物への想像力を生かして食材に触れる時間をつくっています。その結果、子どもたちと食材について話す時間がつくれて、子どもたちが食材に興味を持つようになりました。

今回ご紹介するのは人参入りのもっちりクレープ。三人ともパクパク食べてくれました。中に挟むものを好きに選ばせてあげると、とても喜びますよ。

★人参のバナナクレープ
○用意するもの

《生地5枚分》
薄力粉・・・100g   
砂糖・・・・大匙1
豆乳・・・・100g   
たまご・・・・1個(約55g)
人参ピューレ・・・40g(茹でて、ハンドブレンダーでとろとろにする)
黒すりごま・・・・3g

《人参ソース》
人参ピューレ・・・40g
はちみつ・・・・・・・8g
ヨーグルト・・・・・・30g
板チョコ・・・・・・・10g

《トッピング》
バナナ・・・・・5本
生クリーム・・・適量
いちごソース・・・適量

○つくり方

①生地をつくる。ボウルにふるった薄力粉、砂糖を入れる。豆乳、卵、人参ピューレは合わせておいて少し
 ずつ混ぜる。
②フライパンに油を薄くひき、お玉1杯分を弱火で焼く。周りが乾燥したらひっくり返す。さっと火が通っ
 たらお皿に出しておく。これを3回繰り返す。
③残りの生地に黒すりごまを入れ混ぜる。同じように2枚焼く。生地完成。
④人参ソースをつくる。人参ソースの材料をすべてハンドブレンダーに入れ、撹拌して完成。
➄クレープ生地にバナナ、ホイップを乗せ、それを巻いていちごソースをかけ、にんじんソースを飾ったら
  出来上がり。


大橋 千珠
「すべての人を食事で幸せに、健康に」。そのためにもっともっとおいしく野菜を食べられるヘルシーメニューをご紹介していきます。
○プロフィール
野菜ソムリエ。3児のママという視点も活かした子ども向け野菜教室、離乳食教室、さらには大人向け野菜のとり入れ方教室などを実施。食の検定1級、パンシェルジェ検定1級、ハチミツマイスター、だしソムリエなどの資格も持つ。
ブログ【野菜ソムリエのパルメン亭】
http://ameblo.jp/parmesan57/
お問い合わせ・資料請求(無料) 来場予約(無料)
サイトマップ

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/wheatimpala8/www/app/webroot/life/detail.php on line 50